合唱団プロフィール

 川西市中央公民館の登録グループとして1975年に発足。
1985年、当間修一氏を指揮者として迎え、本格的な女声合唱団として
毎年、意欲的に新曲を取り入れた定期演奏会を催している。
 レパートリーは、ルネッサンスから現代まで。広範囲な女声合唱曲、
昔懐かしい曲、心に残る名曲などに取り組んでいる。第10回記念定期演奏会では
シンフォニア・コレギウムOSAKAと共演し、ペルゴレージの「スターバト・マーテル」全曲を演奏。
 秋の定期演奏会、川西合唱祭ほか、老人ホーム・病院などへの訪問演奏など、
地域社会の担い手として積極的に演奏に出かけている。

指揮者・当間修一

「女声合唱団りんどう」音楽監督・指揮者。「大阪コレギウム・ムジクム」主宰。
 大阪音大在学中よりバッハの音楽に傾倒、オルガニスト及び通奏低音奏者として研鑽を積む。
 1975 年大阪コレギウム・ムジクムを設立。1976年室内オーケストラ「アンサンブル・シュッツ(現シンフォニア・コレギウムOSAKA)」を創設。 又、同じ頃、新しい運営法、発声法、新しい合唱メソードを生み出し、1977年「大阪コレギウム・ムジクム合唱団」、その後核となる 大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団も創設。
 「ハインリッヒ・シュッツの作品の演奏」を活動の1つの柱にし、また合唱団とオーケストラにおいて、ルネサンスから現代音楽までの 魅力ある作品を「現代に生きる」演奏で、紹介し続けている。
 1989年〜2004年に5度の欧州公演を行う(ケストリッツ/シュッツ協会、中央ドイツラジオ放送夏期音楽祭などに招聘)。
 2008年には「OCM歌唱発声法改訂版」テキスト、「OCM歌唱発声体操」DVDを発表。全国で数々の合唱団を指導するほか、東京や名古屋で定期的に 講習会をおこなっている。2009年カワイ出版より混声合唱曲集「日本・こころのうた(春夏編、秋冬編)」(鈴木憲夫/当間修一・共編)を刊行。 2012年1月全音楽譜出版社より無伴奏混声合唱曲集「この愛しきものに」(当間修一作品集)を刊行。
 NHK全国学校音楽コンクール、全日本合唱連盟合唱コンクール、宝塚国際室内合唱コンクールなどの審査も務めた。これまでに30枚のCDをリリース、 NHK-FM放送などでたびたび放送されている。
 「名古屋ビクトリア合唱団」、「東京コレギウム・ムジクム合唱団」、「京都C.モンテヴェルディ合唱団」、「女声合唱団コーロ羽衣」の音楽監督。 大阪府立大学混声合唱団「エヴァコール」、大阪薬科大学混声合唱団、名古屋大学医学部混声合唱団の音楽アドバイザー。川西音楽鑑賞同好会の講師。

当間先生のホームページ

ピアニスト 沖田明子

大阪音楽大学卒、若槻文子氏に師事。「大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団」
「大阪コレギウム・ムジクム合唱団」「女声合唱団りんどう」「コーロ羽衣」の伴奏
者として活動する他、声楽、器楽の伴奏者として活動を続けている。
また、「シンフォニア・コレギウムOSAKA」の通奏低音奏者として、チェンバロ・コン
ツェルトやチェンバロ独奏を、マンスリーコンサートや定期演奏会等で意欲的に
演奏している。

発声指導 倉橋史子

大阪音大声楽科卒、矢野蓉子氏に師事。主に、宗教曲・リートをレパートリーとし
、 カンタータ、オラトリオにおけるソリストとして確固とした地位を築き、その音楽
性は高く評価されている。大阪H・シュッツ合唱団コーアマスター。「大阪H・シ
ュッツ声楽アンサンブル」に所属。ヴォーカル・アンサンブル「アウローラ・ムジ
カーレ」のメンバー。大阪コレギウム・ムジクム主催「合唱教室」の講師。「エヴ
ァ・コール」、大阪薬科大学混声合唱団、京都外国語大学混声合唱団「ソレイユ」、
「コーロ羽衣」「りんどう」のヴォイス・トレーナー。

りんどうホームページに戻る