書籍のご案内


「ドイツ音楽の父」と呼ばれ、ドイツ音楽の基礎を築き上げたバロック初期の巨匠ハインリヒ・シュッツ(1585-1672)。
シュッツとその生家を舞台にして繰り広げられた、音楽、政治、思想、宗教、精神の500年の歴史を、元シュッツ・ハウスの館長且つ音楽学者、インゲボルク・シュタインが語る。


↑クリックすると拡大します

■書籍
〈私は死ぬのではなく、生きるのです〉(SWV 346)
ハインリヒ・シュッツ ─ その生家500年の歴史 ─』

日本図書館協会選定図書New
※公益財団法人 日本図書館協会による選定図書は、同協会より任命された各専門分野の選定委員約50名が、現物一冊一冊に目を通した上で、 公共図書館に適している本として選択されたものです。

最新刊!

旧東独にあるシュッツ生誕の地、バート・ケストリッツに今なお残るその生家。
歴史の荒波に翻弄されつつもその存在が消し去られることの無いようあらゆる手を尽くし、粘り強く努力を重ね、やがて復興し、存在価値を高めようと尽力した大勢の有名・無名の人々…。それもすべて、シュッツという偉大な作曲家の像を歪めることなく、何よりもその音楽を後世に伝えたいという崇高な理念によるものでした。

今は研究所兼記念館であるこのシュッツ・ハウスの元館長であり、シュッツ研究の第一人者であるインゲボルク・シュタイン博士の書かれた、生家にまつわるそれら歴史の貴重な記録を、ついに日本語訳として発刊いたしました!

著者 : インゲボルク・シュタイン
監修 : 当間 修一 (一般社団法人 大阪コレギウム・ムジクム 主宰)
訳者 : 園田 順子
出版 : 東京図書出版
版型/頁: 四六判/266頁
ISBN : ISBN978-4-86223-843-6
定価 : 2,160円(税込)

大阪コレギウム・ムジクムにてご購入いただけるほか、丸善&ジュンク堂・紀伊國屋書店など全国の書店、またAmazon.comなどのオンライン書店でも発売中です。
この機会にどうぞお求めください!!



出版記念行事

―ドイツ―

2015年10月8日にドイツのヴァイマールにて、また10月10日にはハインリヒ・シュッツ音楽祭(2015年10月1日〜11日)の一環としてバート・ケストリッツのシュッツ・ハウスにて、シュタイン博士による本書を含む著書の出版記念行事が開かれました。
 ⇒ ハインリヒ・シュッツ音楽祭サイト www.schuetz-musikfest.de
   ※日本語版プログラムも掲載されています。(デスクトップ版サイトのみ)
本行事へ当間修一より寄せましたビデオレターを公開しております。

〜ビデオメッセージ〜

動画が再生できない方はこちらから 【 標準画質 / フルHD 】 (mp4形式)

―日本―

本書出版を記念してのスペシャル版マンスリー・コンサート〈音楽市場〉を2015年11月23日(月祝)に開催し、H. シュッツ/音楽による葬送 "Musikalische Exequien" Op. 7 SWV 279-281 を演奏いたしました。
出版記念コンサートへ原著者のシュタイン先生よりお寄せいただきましたメッセージを公開しております。

〜メッセージ〜

動画が再生できない方はこちらから 【 標準画質 / 高画質 】 (mp4形式)

Home