大阪コレギウム・ムジクム
「新型コロナウィルス」感染予防のための指針
(付・「OCMマスク」仕様)


目次

大阪コレギウム・ムジクム
「新型コロナウィルス」感染予防のための指針
(2020年6月20日 新改訂)

  1. 参加前の体調管理(検温は必須とします)
  2. 常にマスクを着用。(歌唱中は安全な呼吸と体温保持のため適時取り外す時間を)
  3. 換気を徹底する。10分~15分間隔で窓・扉などを開けて換気。
    (可能ならば会場の全窓、ドアを全開する)
  4. 各自、手はこまめに消毒。(頻繁な石けんやアルコールによる手洗い、特にうがいの徹底)
  5. 水分補給(夏場は特に気を付けて実施)
  6. 飲食物については今まで通り可能です。(他の練習場では定められている規約に従います)
  7. 会話、歌唱時のメンバーとの間隔は必要以上に近づかないことを留意しましょう。
    (いわゆる「ソーシャル-ディスタンス」についてはある条件を満たしていればリスクは低いと言われています。)

※註

  1. 各自の平熱を基準として〔発熱〕を確認して下さい。熱っぽい、風邪やインフルエンザ等の症状があるなど、体調が良くない場合は参加をひかえて体調を整えてください。なお、万が一、練習参加後に体調不良となった場合、速やかに医療機関で受診するとともに、各パートリーダー、マネージャさんに報告してください。
    (リーダーさんは代表まで報告をよろしくお願いいたします)
    (最近の情報によると、感染後、症状が現れる3日前からのウィルスが一番感染力が高いそうです。そして症状が出て治療を続け治まっていくほどに感染力は低くなるという報告があります)
  2. 「OCMマスク」を着用。練習場及び練習中での会話は少し控えめに、大声を出さず!
  3. 我々の本拠地である「日本福音ルーテル大阪教会」 の場合、天窓、足元の窓、礼拝堂入口の扉を開け、空調および空気清浄機を作動させたままにしておきます。練習が終わったら必ず全ての戸締り、スイッチオフを確認。
  4. 団として石鹸と消毒のためのアルコールスプレーを用意します。会場にて触れるもの、触れたもの(ドアノブ、扉の持ち手やスイッチ、その他)は練習前と終わりに消毒。
  5. マスクをしていると乾きを感じにくいため、水分補給を怠って熱中症になりやすいと言われています。
  6. 同じ容器からの〈つまむ〉〈飲む〉などはしばらく差し控えましょう。
  7. 大声での唾が飛ぶ会話・発声は慎む。換気を注視。歌唱時の並びなどは都度指示します。
◎当日の参加者を把握するために、出席簿を用意します。来場したら各自でチェックを入れてください。
◎外部の方の参加について(事前に代表までご連絡ください)団員以外の方の練習見学は歓迎いたしますが、事前にこのガイドをご理解の上、同じく徹底していただけるようお願いいたします。当日は連絡先を記載いただき、万一の際にはご連絡を差し上げることもあります。あらかじめご了承下さいますようお願い申しあげます。

【新型コロナウイルス感染予防のため、団として上記の対策を徹底したいと思います。
皆さんの健康と安全を守り、これからも安心して練習を重ねられるよう、このガイドに従って行動して下さい。】

一般社団法人 大阪コレギウム・ムジクム

▲このページの目次に戻る

「新型コロナウィルス」感染予防のための指針とマスクについての補足
(2020年7月6日)

大阪コレギウム・ムジクム 主宰 当間修一

2020年6月20日に「大阪コレギウム・ムジクム」の活動再開にあたって〔「新型コロナウィルス」感染予防のための指針〕を発表しました。その後、指針の中心的課題であるマスクについての〔仕様〕も2020年7月1日にホームページにて発表、掲載しました。マスクについては反響も大きく、サイズや構造、購入方法など問い合わせを多く頂いております。できる限りお応えできるよう〈マスク製作チーム〉に指示しました。順次掲載されていくことと思いますので、しばらく待って頂ければ幸いです。
さて、〔「新型コロナウィルス」感染予防のための指針〕については現在も、できうる最大の対策を反映しているものと思っていますが、今少し〔補足〕として述べておきます。

一つは「換気」について。そしてもう一つが「うがい」についてです。
先ず、「換気」を考えるにあたって、一番安全である理想的な場所とはどこか?ということが重要です。
それは「外」、つまり「野外」であろうと思います。それは空気が動いている(風が吹き、雨も降る)場所、人が居ない(少人数)、できれば周りには樹があり植物に囲まれている、そんな場所が一番安全であろうと。
それを基準として練習場所やホールの条件を調整する、その達成こそが望むべき場所であるのではないかとの考え方です。
マスク着用の有無も、換気も、そしてソーシャルディスタンスも、できる限り「野外」の条件に近づける、ということに尽きると思うのですがいかがでしょう。

さて、もう一つの「うがい」について。他で見かける「指針」には案外記載されていないことが多いのに不思議さを感じていました。それは国が呼びかけている感染予防方法に「うがい」は含まれていないことを反映してのことのようです。「うがい」が含まれない、あるいは強調されていないのは以下のことに依っています。『喉にウイルスが吸着してから細胞内に侵入するのにかかる時間は、数分~20分ほど。つまり、ウイルスが喉に入り込んでから数分以内にうがいをしなければならず、遅ければ洗い流すことができてもすでに細胞内に侵入を果たした後になってしまう。』との理由からのようです。
しかし、その事をしっかりと理解した上で必要と感じた折にはうがいする、つまり〈頻繁にうがいをする〉ことを実行できればウイルスの進入を防げるし、口腔内を常に清潔に保つこととなり、全身の免疫力を高めることもできる。感染しにくく、症状も軽減できる可能性大だと私は思っています。
他者に感染させないために飛沫を押さえるマスク着用。自身が感染しないよう飛沫を避ける手段を講じる。そのために最も大切なこととして「換気」がある、と私は考えます。
接触感染が起こらないように手などの消毒を頻繁に行うことは自明です。

「OCMマスク」についての補足
着用する者の感染を予防するという意味合いもありますが、一番の目的は他者に感染させない!ことです。
「換気」を万全に整えればマスクは必要ないでしょう。しかし、完全なる安心を得るためにマスクは必ず着用するべきだと考えます。ただ、我々は「歌うためのマスク」である必要があります。飛沫を押さえ、そして自由に口が動かせ、呼吸もできるだけ楽に行えることが絶対条件です。「OCMマスク」は目の下から飛沫が飛散しないよう(また、侵入させないよう)、ずれないようワイヤーをしっかりと密着できるようにしました。呼吸する度にマスクが口に貼り付くのを防ぐために鼻から口へと縦にもワイヤーをいれました。耳掛けではなく、紐を二本、頭にかけるタイプにしたのはそれらの理由に依ります。下の方の締め付けは緩くします。交差して耳にかけることもできます。これにより「歌う」ことで口の動きが鈍くなることを防ぎ、響きも籠もらないようにと図りました。とてもシンプルになりました。
しかし、ここでこそ強調しておきたいと思いますが、このような歌い易いマスクを着用していても、いや、マスクを着用しなければならない状況にあるのだからこそ、「換気」が絶対に必要だ!ということを記しておきます。

▲このページの目次に戻る

付録:「OCMマスク」仕様

(2020年8月2日 写真を改良型のものに変更しました。)

「OCMマスク」制作部が企画し、実用化に向けて取り組み完成させたマスクをご紹介します。
何度も私の要求に応えて実用化してくれた制作部(メンバーの複数人)に深く感謝します。
以下にその仕様を掲載し、写真も公開します。もし参考になさって下されば幸いです。

大阪コレギウム・ムジクム 主宰 当間修一
(2020年7月1日)

【表の生地】

  • 生地名:ブロード(20番手)。素材名:綿100%
  • 特徴:ブロードは、縦糸と横糸の太さが同じで、縦糸の密度を横糸の2倍にし、横糸をカバーするように織ってある平織りの生地をいいます。(平織とは、縦と横の糸を交互に織った布です。)
    今回使ったブロードは、ブロードの中で中くらいの薄さで柔らかめです。通気性が高く、軽い。また、張りがあり、形状が付きやすく縫いやすいという特性があります。
※生地の糸の太さを『番手(ばんて)』といい、数が大きい方が細い糸になります。

【裏の生地】

  • 生地名:ローン(100番手)。素材名:綿100%
  • 特徴:綿糸の中で細い部類の糸で密度の高い平織になります。
    薄く透けた感じでキメが細かく、サラッとしていて張りがあります。
    デメリットは、洗濯するとシワになりやすい。破けやすい。
    薄くなるほど呼気で湿気を帯び、口に張り付きやすくなります。

【フィルター】

★表地と裏地の間にフィルターを入れることもできます。これは利点です。

【ワイヤー】

歌うためのマスク作りの中で、特に重要なのはワイヤーにあります。生地に関するデメリットを緩和するためにも、この「ワイヤー」が大きな働きをします。我々は上の部分に横ワイヤー、そして鼻から口へと向かう縦ワイヤーを用いましたが、これがとても重要であると判りました。この二つのワイヤーによって「歌えるマスク」として機能を発揮します。

【ワイヤーの素材について】

  • 名前:セットアップテープ スーパーハードタイプ。
  • 素材:ポリエステル・ポリエチレン。幅7ミリ。

縫い付けができる形状保持テープ。針金のように自在に形状を保持できます。
手縫い、ミシンで縫い付けでき、洗濯・ドライクリーニングOK。
襟・帽子・マスクの鼻部分・衣装・インテリア用品・コサージュなどに幅広く使用されています。
ワイヤーが糸でくるまれているため、生地を傷めず、くるんでいる糸と生地との摩擦で装着が安定します。

【ゴム・ループエンド】

ゴムは頭にかけるタイプとなっており、長さを調節するためのループエンドを付けています。

  • ゴム…平ゴム 5ミリ
  • ループエンド…素材:プラスティック サイズ:8ミリ(穴2ミリ)

写真

表面裏面

▲このページの目次に戻る

お問い合わせ・マスクご購入について

【お問い合わせ先】

一般社団法人 大阪コレギウム・ムジクム 事務所
〒540-0021 大阪市中央区大手通1丁目1-13 GIパールビル2F
Mail:
「指針」に関するお問い合わせ:
「OCMマスク」に関するお問い合わせ:
TEL:06-6926-4755(平日10時~18時)
FAX:06-6926-4756

【OCMマスクのご購入をご希望の方へ】

OCMマスクのご購入のご希望を多数いただき、下記の通り販売を行うことといたしました。
ご注文フォームよりお申し込みください。

なお、全て手作り品のため、ご注文いただいてからお待たせすることがございます。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

  • 種類(サイズ)
    • S(横18㎝ 縦14㎝)
    • M(横19㎝ 縦15㎝)
    • L(横21㎝ 縦16.5㎝)
  • 価格
    • 完成品 1枚 1,900円(税込)
    • キット品(説明書、1枚分の材料) 1セット 900円(税込)
    • 5,000円(税込)以上ご購入の場合は送料無料となります。
  • 団体でのお申込みの方へ
    • 団体でのお申込みの場合、原則としてまず3枚(3サイズ各1枚)のご購入をお薦めしております。
      現物にてサイズをお確かめの上、各サイズのお申込み数量が確定しましたら、残分をお申込みください。

ご注文フォームはこちらから



Home