OCM (Osaka Collegium Musicum)
[English] [ケータイ]
[Concerts]

あなたのご来場は
 Counter
人目です。
ありがとうございます。
次の【記念番号でチケットプレゼント】は1,000,400番です(詳しくはこちら)。

演奏会案内New
   [Concerts]
主要演奏会の記録
ドイツ演奏旅行
合唱団員募集
入団に際してのお願い
オーディション
OCM音楽講座(休止)
メールマガジン
メーリングリスト (休止)
リンク集
Web予約・ご注文
チケット予約New
CD・DVD
書籍
OCM歌唱発声法
 (テキスト・DVD)

OCM限定グッズ
主宰者・当間のページ
トップページ
[New] 2020/04/05
TwitterNew
(音楽活動)
TwitterNew
(日々の当間)
FacebookNew
(個人)
FacebookNew
(指揮者ページ)
日記風エッセイ
2015/02/13
マイヌング
 (私の想い)
2017/07/05
合唱講座
New 2019/12/19

後援会“シュッツの会”
OCM後援会
 「シュッツの会」

会員広場

過去の連載記事
合唱団日誌
じゅずシュッツ
楽器ミュージアム

更新情報
アクセスログ統計
(from 1997.4.22)


メールはこちら
office@collegium.or.jp

一般社団法人 大阪コレギウム・ムジクム
事務所

〒540-0021
大阪市中央区
大手通1丁目1-13
GIパールビル2F
TEL:06-6926-4755
※10時~18時
(土日祝を除く)
FAX:06-6926-4756

SINCE 18 Apr. 1996

Powered by
Movable Type 2.661

Osaka Collegium Musicum
大阪コレギウム・ムジクムは大阪を拠点とし、関西・東京・名古屋など国内各地、また海外でも活動している演奏団体です。【紹介動画】
Last updated: 2020 Apr 08  YouTube Twitter

Information
● 公式YouTubeチャンネルに演奏を追加しました!(4月8日)New
昨年9月に演奏しました信長貴富『静寂のスペクトラム』より『I. 絶景ノ音』『IV. とてつもない秋』をアップしました!
● 公式YouTubeチャンネルに演奏を追加しました!(4月8日)New
昨年9月に演奏しました信長貴富『静寂のスペクトラム』よりI. 絶景ノ音IV. とてつもない秋をアップしました!
● 「受難週特別演奏会」延期のお知らせNew
来たる4月5日(日)に開催を予定していました「受難週特別演奏会」につきましては、遠方からのご来場を予定くださっているお客様も多くいらっしゃる中、新型コロナウイルス感染症の拡大の恐れが大都市を中心に急速に高まっていると見られる現在の状況を踏まえて、日程を延期することといたしました。
日程やチケットのお取り扱い等、詳細につきましては追ってお知らせいたします。
お客様各位におかれましては何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
● 最初で最後の『当間修一指揮法講座』5月9日(土)・10日(日)開催!New
当間修一による音楽作りの神髄を間近でご体験いただける、今回限りの公開レッスン。
受講のお申し込みは3月20日をもって締め切りいたしましたが、聴講のお申し込みを引き続き募集しております(聴講には締切日は設けておりません)。
ぜひ奮ってのご参加お申し込みをお待ちしております。
⇒詳細・Webお申込はこちらから
全音楽譜出版社「編集ブログ」でもご紹介いただきました。
● マンスリー・コンサートへのご来場ありがとうございました!New
● 後援会「シュッツの会」からのお知らせNew
~学生会員からハーモニー会員への移行プログラムのご案内~
● OCMロゴ入りグッズ 完売のお知らせNew
● ◇◆◇ ご寄付のお願い ◇◆◇
● CD「千原英喜作品全集 第5巻」完売のお知らせ
● マンスリー・コンサート 演奏曲リクエストを随時受付中!
● 【CD最新作!】大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団が歌う「至純の讃美歌名曲集 Vol.2」ついにリリース!
大好評の既刊「至純のア・カペラ讃美歌名曲集」に引き続いての第2集、いよいよ発売開始です!
第2集ではクリスマスに因んだ讃美歌を多数収録。ア・カペラのほか、一部はオーケストラ付の演奏も収録しています。
CD詳細およびお申し込みはCD salesページから。 この機会にぜひご愛聴くださいますようお願い申し上げます。
● 【お知らせとお願い】携帯のご連絡先にメールが届かない事例が発生しております

Topics     →少し前のトピックスはこちらから

新盤「千原英喜作品全集 第10巻」ついにリリース!
新刊書籍『ハインリヒ・シュッツ ─その生家500年の歴史─』好評発売中!
衝撃のCD『西村朗作品集 第1巻』リリース!
迷惑メール対策のため特定国からのメールを受信拒否しております (Emails from some contries are rejected for anti-spam)
「OCM歌唱発声体操」DVD、好評発売中です!

What's New
New 『合唱講座』 Nr.65('19/12/19)
「質問にお答えします」

質問です。【原文のママ】 『わたしは現在高校生で音楽大学の声楽科への受験を考えている者です。 歌が大好きなのはもちろん、さまざまな側面から発声について考えているものを読むのも好きです。 記事にも記されているリード作のBel cantoやフースラー作のsingenも読みました。 今回は発声についてと、あるソプラニスタの方の発声についての質問させてください。……』
《当間です。所見を述べますね。》 最近、女性はファルセットに近い「ヴォーチェ・ディ・フィンテ」で話される方が再び多くなりました。 それまでは男性のように胸声(地声と呼ばれている)に依った発声が目立っていたように思います。強く、低く、筋肉の収縮力の強い声です。この流れは社会の変化で起こったものと思われます。 一時話題になりましたが、女性アナウンサーの声がどんどん低くなって、男性の音域に迫る勢いでした。 それが最近ではまた元に戻ったといいますか、いわゆる高い音域の〈女性の声〉に上がって来ているのでは、との私の認識です。
発声においてしっかり認識して頂きたいのですが、要は声帯筋(甲状披裂筋)やそれを取り巻く筋肉の収縮力が(とても)強いのか、あるいは「ヴォーチェ・ディ・フィンテ」で大事な要素である、筋肉の弛緩、伸張性が(しっかり)働いているか、なのです。



本サイトの著作権は一般社団法人大阪コレギウム・ムジクムに帰属します。
Copyright © 1996-2020 Osaka Collegium Musicum

マンスリー・コンサート〈音楽市場〉
■ 高校生以下無料 ■
※静かにお聴きいただけるお子様は、未就学でもご同伴いただけます。演奏中は他のお客様へのご配慮をお願い申し上げます。
第443回 2020年 4月22日(水)

午後7:00開演(午後6:30開場)
会場:​日本福音ルーテル大阪教会【地図】

4月22日「第443回マンスリー・コンサート」は、新型コロナウイルス感染症の拡大の恐れが高まっている状況を踏まえ、開催を中止といたします。

次回以降の【音楽市場】
第444回 2020年 5月20日(水)
第445回 2020年 6月24日(水)
第446回 2020年 7月29日(水)
定期演奏会・特別演奏会
【延期】OCM創立45周年記念
大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団 受難週特別演奏会
本公演は日程を延期することといたしました。
詳細につきましては追ってお知らせいたします。
2020年45日(日) 午後4時開演
会場:日本福音ルーテル大阪教会【地図】

→ 演奏会詳細
《プログラム》
H. シュッツ
受難モテット SWV 56-60〈通奏低音付〉
(カンツィオーネス・サクレ Op. 4 より)
チェロ:大木愛一 オルガン:沖田明子
H. シュッツ
マタイ受難曲 SWV 479
対訳と註:田川建三


OCM第122回大阪定期公演《創立45周年記念》
大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団
現代(いま)の音楽 ~Music of Our Time~〉シリーズVol. 30 ~シュッツおじさんからの(いざな)い! バロックから現代へ~
2020年719日(日) 午後3時開演
会場:住友生命いずみホール【地図】

→ 演奏会詳細 → チケットWeb予約
《プログラム》
H. シュッツ
宗教的合唱曲集 Op. 11 より
第17曲『言葉は肉体となり、私達の内に宿った』SWV 385
第20曲『これは確かなまこと』SWV 388
J. S. バッハ
ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調 BWV 1051
E. エルガー
弦楽セレナーデ ホ短調 Op. 20
千原英喜
混声合唱のための「新東海道中膝栗毛 余録・五十三次文字鎖」

メールマガジンに登録していただくと、お得なチケット割引特典がご利用いただけます!


今後の主催公演予定New
 
2020年10月4日(日)開演時刻未定
会場:京都府立府民ホール アルティ
大阪H.シュッツ室内合唱団京都公演
[邦人合唱曲シリーズ Vol. 25]
~日本語による音語り~
 
2020年12月20日(日)開演時刻未定
会場:住友生命いずみホール
OCM第123回大阪定期公演
“至福の饗 ブラームス&ドヴォルザーク”
〜希望の祈りはとこしえに〜
《プログラム》
A. ドヴォルザーク/交響曲第9番 ホ短調「新世界より」 ほか