デジタル教科書・教材

※この記事の「目次」を追加、私的実験2へのリンクを追加(2010-12-12)
【目次】

=========

#ちなみに、「デジタルノート」だけの機能を持った製品ならば、
#既に多数、優れた製品が存在しています。
#Booble Boardとか、Technoteとか、ASUS社の製品とか。
#ただ、今回は「教科書も教材もノートもすべて1つのデジタルで完結している」ことを話題にしています。

まず、どんな感じでデジタルな勉強をしているか、です。ちょっと恥ずかしいですが・・・公開してみます。
2通りの勉強のやり方を例示します。

1通り目は

  • iPad内にある大学の動画を視聴、ときどき画面を止めて画面全体を保存
  • 保存して溜めた画像を、適宜覚えながらノートに書き写していく
    • もちろん、普通に、動画をパソコンで流しながら、ノートを取ればいいのですが。一応、iPadで完結した学習のやり方と言うことで。

2通り目は

  • 授業でとった紙のノート、メモだらけでまとまっていないノートを見ながら
  • 色を使い分けながら、まとめノートを作っています。

ノート書きは紙でないとだめか、どうか?

結論から言えば、紙でなくても可能です。ここでいう「可能」とは・・・

ノートを取る時の目的には、概ね以下の3つがあると思います。

  • とりあえずメモを残すこと(後で見ることが出来ればよい、頭に残る必要はない)
  • 書きながら覚えること(後で見ることが出来、頭の中にも書いた内容を残す)
  • 書きながらまとめること(後で見ることが出来、内容をまとめながら頭の中に残す)

この3つのいずれも、デジタルノートで可能です。
しかし、ここでは主に、下の2つを取りあげます。

「書きながら覚える」ために必要なこと

私がやってみたところでは、「書きながら覚える」ためには次の要素があればよいようです。

  • タッチペンが触れたその場所に書いた跡が残ること
  • 書くことに集中できるくらいの、書き心地
  • 書き込みが「能動的」であること

以下、3点について細かく書きます。

「タッチペンが触れたその場所に書いた跡が残ること」

どうやら、「書いて覚える」には
書いた結果がすぐ目の前にあること」が必要なようです。

もちろん、タッチパネル型のPCならこの点はクリアです。

もう少し詳しく書けば、「書いて覚える」ときには、
「書く内容を頭の中で考え」
「手を動かして頭の中から一旦取り出し」
「その結果を目から頭へ再入力する」
というフィードバックが必要なようでした。そのためには「書いたまま表示」が必須ですね。

「書くことに集中できるくらいの、書き心地・反応の速さ」

正直なところ、iPadのタッチパネルの反応は、まだ不満が残ります。

  • 細かい文字はまだ書けないし、(上で紹介した動画中における、文字の大きさの実測は、英語なら7,8mm弱四方、日本語なら1.5cm四方くらいです。)
  • 時々反応が鈍いし、(最後、動画の2:40頃は、少し反応が遅れています)
  • ペン先だけでなくて、パネルに触れている手首を認識してノイズができるし(動画の1:20頃を参照)
    (このノイズを防ぐ「リストプロテクション」という機能は、アプリに付いていますが、まだまだですね)

しかし、iPadは、私にとっては実用レベルです。書くことに集中できます。
初めは上記の点が少し気になっていましたが、徐々に、無意識下へ消えていきました。

たとえば、暑い日に紙でノートをとっている時、手首の汗でノートが湿らないか、
気にしながらノートをとることがあります。
だから手首のあたりを気にしながらノートをとる、
しかし徐々に気にせずにノートを取れるようになる、そんな感覚に似ています。

もっとも、人によっては、集中できないくらいの書き心地・反応の遅さかもしれません。
だから、他人に「買って試してみたら?」とまでは薦められません。
これは、今後5年くらいでの技術の進歩を待ちたいです。

「書き込みが「能動的」であること」

書いて覚える、頭に記憶を残す。これは、能動的な操作です。
ですから、学習を目的としてデジタルにノートを取る行為に、機械がしてくれる自動的なお節介は、相性が悪いです。


たとえばこんな感じで、機械が次へ次へと自動で送ってくれる機能があります。

この機能は、たとえば「とりあえずメモを残す(後で見ることが出来ればよい、頭に残る必要はない)」ノートを取るときには便利でしょう。

しかし、「書いて覚えたい」時には、自動的に次へ行くという反応が頭を混乱させ、イライラさせます。
「まだ勝手に次へ行かないで」という瞬間が、何の前触れもなく現われます。

もっとも、このソフトのように、自動送り機能をON/OFFできれば問題ないですけれども。
子供に使わせるならば、「書くのは能動的だから、機械が勝手にやってくれる行為とは相性が悪いよ」と伝えていくことは必要になると思います。

デジタルの意外な利点 〜 色分けが簡単

デジタルノートをやってみて、一つ意外な利点がありました。
それは、色分けが簡単ということです。

冒頭の動画では、私は数種類の色を使ってデジタルノートを使っています。
しかし、紙でノートを取っていたとき、私のノートはほとんど黒1色、暗記科目は黒と赤の2色でした。

色分けしてノート取る方が良い、と分かっているのですが、
「色ペンを持ち歩く」「ノートを取る時にペンを持ち替える」が煩わしくて、結局私には定着しませんでした。

しかし、デジタルノートならば上記2点は問題ありません。
色の切り替えは2回画面をタッチするだけですし。

というわけで、私は、生まれてはじめて、自然に色分けノートを作ることが出来ています。
でもこれは、私個人の事情かもしれません。

デジタルの重大な欠点 〜 画面が一つしかない

動画を見ていただいて、1つ目の勉強のやり方では、画面を切り替えるのがめんどくさそうに感じませんでしたか?
一応今は、「画面を切り替える間に書くべきことを頭の中へたたき込む」ことでこの不便さをメリットへ活かしています。

しかし、はっきり言って、画面が1つしかないのは不便です。
「教科書もノートも一つの画面」ではなく、
「教科書と、ノートが別々に存在する」方が、圧倒的に有利です。

デジタルの今後検証すべき問題 〜 視力問題

上で挙げませんでしたが、一つ、デジタルノートに限らず、デジタル全般に対して現在調査されている問題があります。
それは、デジタルな画面が子供の視力にどう影響するか、です。

韓国ではひとまず問題ないとして、デジタル教科書の導入が始まりました。
このあたりは、海外の導入後の報告に注意したり、国内できちんとした検証が必要になるでしょう。

ちなみに、私個人は、iPadを明るさ最小で使っています。それで不便を感じない明るさだからです。
そのおかげか、目の疲れを感じたことはありません。

「ノート書きは紙が向く」のかどうか?

まず、紙の利点は

  • 手軽
  • 書いた結果がノートにすぐに反映される(0秒)
  • 安い
  • 教科書などテキストと別画面を提供する

…など、多数あります。

では、デジタルノートの利点は?

  • すべてが1冊にまとまってくれる(あの教科はあのノート・・・とかがない)
    • 無くしたら全部無くなる、というリスクもありますが
  • 色分けしてノートを取りやすい

欠点は?

  • 書いた後の反応が少し遅い
    • 優れたアプリならば、0.3秒以内にはたいてい収まりますが
    • いずれにしても技術の進歩で克服可能でしょう
  • 細かい文字はまだ書けない
    • 技術の進歩で克服可能でしょう
  • ペン先だけでなくて、パネルに触れている手首を認識してノイズができる
    • 技術の進歩で克服可能・・・かな?
  • 機械が勝手なお節介をすることがある
    • (これはON/OFF機能を付けたうえ、機械のお節介には良い点悪い点があることを子供に伝える)
  • 画面が一つしかない
    • 子画面などで問題は緩和されるかもしれませんが
  • 視力問題
    • 現在調査中

このくらいでしょうか。

一つの個人的な結論として

私は、子供に対して、デジタルノートへ全面的に移行することは、反対です。

しかし、「教科書にメモを書きこむ」や、「いくつかの教科についてノートを取る」
ということは、あってもいいと思います。

  • 前者は、テキストをデジタルにするなら書き込みもデジタル、ということ
    • この、デジタル教科書に直接、デジタルで書きこむことは既に可能です。この記事の最後にそういうスナップショットを載せました。
  • 後者は、デジタルノートも紙のノートの補助としてあってもよい。

以上をまとめて、私の結論は以下です。

  • メインは紙のノート
  • オプションとしてデジタルノートを用意
  • 電子教科書・教材には直接書き込みが可能

もちろん、上記の3通りでノートを取ることを基本にした上で、
それぞれの子供、それぞれの先生が、細かい使い方を決めていけばよいかと思います。

使っているアプリ

  • Penultimate(1つ目の勉強で使っているノート)
    http://itunes.apple.com/jp/app/penultimate/id354098826?mt=8
    これはタッチペンで書いたままに書けるタイプ。
    思いついたことをどんどん書きたいタイプで有効
    (13th-noteの問題を作る時のメモにも使っています)

penultimate1.jpg

penultimate2.jpg

  • Note Taker HD(2つ目の勉強で使っているノート)
    http://www.softwaregarden.com/products/notetakerhd/
    これは、書きこみたい部分を拡大して書きこめるタイプ。
    ノートまとめなどで有効。
    (ただ写すだけでなく、まとめながら写すときとか)

notetakerHD1.jpg

ちなみに、PDFファイルを背景として読み込めるので、こんなこともできます。

notetakerHD2.jpg


添付ファイル: filenotetakerHD1.jpg 1353件 [詳細] filenotetakerHD2.jpg 1324件 [詳細] filepenultimate1.jpg 1318件 [詳細] filepenultimate2.jpg 1370件 [詳細]

トップ 差分 バックアップ リロード 一覧 検索 最終更新 最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-29 (水) 23:44