【2019/07/18】 ご来場ありがとうございました!New      
梅雨の晴れ間の一日、マンスリー・コンサート〈音楽市場〉にご来場くださいました皆さま、誠に有り難うございました!


【2019/07/17】 本日7/17(水)は月に1度のマンスリー・コンサート!New      
夜7時より、谷町四丁目駅 1-B出口からすぐの日本福音ルーテル大阪教会にて開演です。


【2019/07/15】 今週7/17(水)は月に1度のマンスリー・コンサート!New      
夜7時より、谷町四丁目駅 1-B出口からすぐの日本福音ルーテル大阪教会にて開演です。


【2019/07/15】 7月28日(日)“大阪H.シュッツ室内合唱団〈現代(いま)の音楽 ~Music of Our Time~〉シリーズ Vol. 29” 前売券好評発売中!!New      
いまこの時代に生きる世界の作曲家の作品をご紹介し続けている、大阪コレギウム・ムジクムの〈現代(いま)の音楽 ~Music of Our Time~〉シリーズ
『こんなの聴いたことない!』『難しいイメージを持っていたけど、とっても面白かった!』と毎年ご高評をいただいています。
今年はイギリスと日本の作曲家の作品からなるプログラム。
スコットランド出身の世界的人気作曲家ジェイムズ・マクミランによるオーケストラ付き合唱曲は関西初演。そしてわが国の「いま」を代表する邦人作曲家、山中千佳子、千原英喜両氏を採り上げました。
当間修一率いる大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団/大阪コレギウム・ムジクム合唱団/シンフォニア・コレギウムOSAKAによる定評ある精緻なハーモニーと、バロック作品で培われた生命力溢れる明澄な言語表現でお届けいたします。


【2019/07/15】 9月23日(月祝)開催・大阪H.シュッツ室内合唱団京都公演[邦人合唱曲シリーズVol.24]前売券発売中!New      
2年ぶりの“邦人合唱曲シリーズ”、心待ちにしてくださっていました皆様、大変お待たせいたしました! 数々のCDの収録舞台にもなった、合唱ファンの皆様に大好評を頂いている人気のシリーズです。
今年のプログラムは西村朗氏による男声合唱のほか、千原英喜、信長貴富、藤嶋美穂の四氏による作品。多く歌われている名曲からなかなか聴けない作品、また最新作まで幅広く、シュッツ合唱団による精緻でホットな演奏でお聴きいただきます。
前売券は大阪コレギウム・ムジクム、チケットぴあ、京都府立府民ホールアルティにて好評発売中です。ぜひお早めにお求めください!
→ 演奏会詳細 → チケットWeb予約


【2019/07/15】 991000      

が次の当選者です。

記念番号(下3桁が000)で演奏会チケットをペアでプレゼントしています。
お申し出はoffice@collegium.or.jpまで。


【2019/06/27】 ご来場ありがとうございました!New      
ようやく梅雨入りしました大阪の空のもと、マンスリー・コンサートにご来場頂きました皆様、誠に有り難うございました!


【更新履歴のアーカイブ】
July 2019
June 2019
May 2019
April 2019
March 2019
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
August 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
July 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
September 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
June 2006
May 2006
April 2006
March 2006
February 2006
January 2006
December 2005
November 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
April 2005
March 2005
February 2005
January 2005
December 2004
November 2004
October 2004
September 2004
August 2004
July 2004
June 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
October 2003
August 2003